2018/09/23CWU-36P

L-2系の後継として誕生したCWU-36P¥24624を紹介致します
04fe0d62347df4681c209884c72a4c67_20180923112007e3e.jpg

CWU系は難燃性素材Nomexの採用により、ナイロンのように引火して際、溶けてしまう事がなく緊急時にとても有用に成ります
3e772761773ec2412914a0715ddfa5a0_2018092311200513c.jpg

36Pと45Pは酷似しておりますが、その素性は36Pは空軍主導により開発、45Pは海軍主導で開発されたと言う事も有り全く違うものと成っております。

何処が違うのか?と言う事では外見は全くと言っても変わりがないですが、36Pはライトゾーン(10℃~30℃対応)用ジャケットと言う事でライニングはメッシュ素材で対する45Pはインターミディ(-10℃~10℃対応)と言う事でキルティング加工がされております。また冷気の侵入を防ぐためストームフラップが採用されています

今回紹介するCWU-36PはHouston社製の物でナイロンを使用した物と成っております

また、こちらは初期型と言う事も有り、背中にアクションプリーツが有るモデルと成ります
4922706fc85541f0c4609aa32fb212b1_20180923112002551.jpg

アクションプリーツが有る事により、腕が前に出しやすく成り、自由度が増す反面、緊急時に突起物が引っかかると言う事で今は廃止されております。(一部兵士の間ではアクションプリーツ復活を望む声もあると言う事ですが)



L-2系の後継型と言う事も有りこれからの時期にお勧めの一着です

また、ナイロン生地と言う事も有り、撥水スプレーなどの使用により少々の雨にも対応できます

Nomexは水に弱く、また撥水コート剤などが使用できないと言う難点も有る為、日常生活ではナイロンで作られているこちらの方が使い勝手が良いのではないかとすら思ってしまいます

フライトジャケット